バレずに風俗を副業にするコツ

仕事先に知られないようにする

>

仕事をする時に使う道具

自宅に持ち帰らない

自分を指名してくれたお客さんには、名刺を渡しましょう。
すると顔と名前を、覚えてもらいやすくなります。
風俗店でたくさん稼ぐためには、何度も指名してもらうことが大切です。
そのために、名刺は必需品だと思ってください。
本業でも名刺を使うと思いますが、それとは別に、風俗用の名刺を作ってください。

それは、いつもお店に置いておきましょう。
自宅に持って帰ると、風俗用の名刺を誰かに見られる可能性があります。
風俗の仕事の際に使う道具を見られたら、それ以上言い訳ができません。
会社の同僚が遊びに来た時に見られたら大変です。
副業に気づかれるので、危険性が高い道具は最初から自宅に持って帰らないでください。
預かってくれる風俗店も多いです。

優良な風俗店を選択しよう

事前に、名刺や風俗用の服を預かってくれるのか聞いてください。
求人に応募しても、いきなり採用されることはありません。
面接をしてこちらの熱意を聞いてもらったり、質問をしたりします。
その時に、道具を預かるシステムがあるのか聞くと良いですね。
もし預かってくれないと言われた場合は、そのお店で働かないでください。

働く人のことを考えていないので、優良な風俗店とは言えません。
こちらのことを気遣ってくれる風俗店なら、周囲に知られないよう道具を預かるというシステムを導入しています。
働きにくい環境なので、別の風俗店を探しましょう。
優良な風俗店なのか、判断する材料にも使えます。
面接の際に、聞きたいことを全て聞いてください。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる