仕事先に知られないようにする

地味な恰好で街を歩こう

普通に風俗で働いていると、周囲に気づかれる危険性があります。
風俗を本業にしている人はそれでも構わないかもしれませんが、中には副業にしている人も見られます。
本業の仕事仲間に気づかれないよう、出勤する際の恰好に気をつけてください。
風俗で働く時の恰好は、いつもより派手だと思います。
その姿で街中を歩いていると、仕事仲間に目撃された時に変だと思われてしまいます。
お店に着いてから着替えたり、メイクをしたりしてください。

名刺や風俗用の服など、お店で使うものは自宅に持って帰らないでください。
自宅に知り合いが来た時に、副業として風俗店で働いていることを知られてしまう可能性があります。
お店によっては、名刺や服を預かってくれます。
すると失くす心配もないので、預けた方が良いでしょう。
風俗で働く前に、面接を受けます。
その時に持ち物を預かってくれるのか、聞いてください。
働く人のことを考えてくれている風俗店だったら、きちんと預かってくれるはずです。

また、風俗で副業を開始すると高額な給料を得られます。
ですが急激に、生活水準を上げることはしないでください。
本業の仕事先の人は、こちらの収入が増えたことなんて知りません。
それなのにブランド品で身を固めたり、高級マンションで暮らしたりすると変だと思われます。
ブランド品が欲しくても、すぐに大量に購入しないでください。
1か月に1個ぐらいに抑えていれば、気づかれる可能性は低いです。

ひっそりと風俗で働く

風俗店に行くところを知り合いに見られても良いように、地味な服装で出勤してください。 派手な恰好をしていると、風俗店で働いていると気づかれるケースが多いです。 出勤後に着替えたりメイクをしましょう。 いつ、誰に自分の姿を見られているかわかりません。

仕事をする時に使う道具

名刺など、風俗の仕事をする時に必要なものがあると思います。 それをお店に預けてください。 働いている人に優しい風俗店だったら、預かってくると思います。 自宅で保管していると、誰かに見られる危険性があります。 そんなことにならないよう、預けましょう。

派手な生活にならないよう注意

急にブランド品を大量に購入すると、周囲の人は驚きます。 風俗店で働いて給料が増えたかもしれませんが、周囲はそれを知りません。 生活水準を、いきなり高めないでください。 徐々に高くすれば風俗で働いていることを知られにくいです。 急に生活を変えることは避けましょう。

≫ TOPへもどる